atRun駄夢 – blog of Graudi

秋季例大祭準備

「村の鎮守の神様の〜♪」
本日午後1時から「大宮神社(栃木市大宮町)」の総代として、明日の「秋季例大祭」の準備へ行ってまいりました。本殿の掃除等してまいりましたが、総代全員、面倒臭そうなふりしていましたが、指示の声が大きくなるなど、実は結構テンション上がっていました。そりゃそうだよね。いいじゃないか、いいじゃないか。年に一度のお祭りだもの。

クセが強いんじゃ

今月は新しい「GARMIN」が届いてから、連続8日間走れている。今日も午前中に10km走ってきた。最近感じることは、
「やっと痛い部位がなくなってきたかな?」ということである。2015年、忘れもしない「ハロウィン」の深夜、酔っ払って階段から落ちて左足首を骨折して以来、
「左足のどこかに違和感や痛み」を感じずに走れることがなかったのである。骨折が完治するまで2ヶ月間右足だけでケンケンする生活、一切左足を使わない生活は、無意識に
「左足をかばう走り方」になっていたのかもしれない…。

でも、やっと最近左足がまともになってきた

毎日10km走っていると、疲れも溜まってきます。毎日が筋肉痛です。そして毎日が“リカバリーラン”といえるほどの遅いタイムです。でも、それを我慢して続けていると、見えてくるのです。
「なんか、今日見えてきた感があった」カラダが自然にラクな走り方になるのです。

さらに、意識していた“左足”も、8日間連続で走っても痛みが出なかったのです。これは本当に嬉しいことです。
「これでやっと全力で走れる」そんな感じだったのです。嬉しくて「1日1食」のはずが、途中で「吉野家」さんに寄ってしまった。

ランニング後のご飯、ほとんど「丸亀製麺」か「吉野家」です。すいません。田舎は選択肢が少ないのです。

明日からのランにすごく期待が持てます。あまりに嬉しいので、滅多に載せない自撮り画像もアップしちゃいます。
「明日からも頑張るぞ」

他人の挙足取りはもうやめよう

今週は5日間連続で毎日10km走れている。その秘訣は、今週から基本「早朝ラン」にしたからである。基本5時に起きて体を充分にほぐして6時から走り出す。もし起きられなくても「昼ラン」でカバーできる。なので、毎日走れるのである。

毎日走るといろいろなことがわかる。遅いとはいえ毎日10km走っているので、それなりに疲れがたまる。体重計には毎日乗っているので、突然増える日があることに気づく。それは疲れている時なのである。
おそらく、損傷した筋肉等の修復に水分が必要なのだろう。だから普段より水分を体内に溜めているらしく、体重も2kgくらい重くなるのである。鏡を見ると顔もパンパンなのだ。

それから、疲れてもとりあえず走ることの大切さに気づいた。筋肉痛等で全然思い通りに走れなくても、最後の2kmくらいで突然体が軽くなって、いつも通りに走れるのである。
「体が疲れた時にはこう走れ」というメッセージを送ってくれているような気がして嬉しいのである。この瞬間が楽しみになった。

なんかさ、この歳になって自分の体をわかるなんて遅すぎるよね。もっと早く、中学、高校時代に今くらい自分の体を理解していれば、関心を持っていればな…。と先に立たない後悔をしている。

まあ、時間は戻らないのでしょうがない。今からできることを精一杯やるぞ。テレビやネットSNSを開くと、政治でもなんでも「他人の挙足取り」に溢れている。もううんざりだ。僕は気が弱いせいか、他人のことにはあまり文句は言わない。世の中にはいろいろな人がいるのだ。そんな暇があったら、もっと自分を磨くことに時間を割けばいいのになと感じる、今日この頃です。