コロッケ蕎麦リベンジラン

「コロッケ蕎麦リベンジラン」

今日は前回売り切れだった“コロッケ蕎麦”をゲットすべく、前回より早くランの練習を開始した。小山駅までの道順も「Googleマップ」で何通りか表示して、一番近いルートで走ることにした。

「2キロ程近かった」

前回はあまりクルマが通らないような田舎道を選んだが、今回は最短距離を優先してみた。大きな通りがあるが、歩道があったので大丈夫だった。
「こっちの道の方が好き」前回の田舎道は寂しく暗かったな。

今回は天気も良く比較的暖かかったので、前回よりかなりいいペースで走れた。まあ、2回目なので慣れて“短く感じるのかもしれない”
駅について、券売機で「入場券140円」を購入して12、13番ホームへ。中澤製麺さん委託営業の「生蕎麦スタンド」目指してダッシュ。

ちょうど正午ごろだったので、
「もしかして、また売り切れか」と、ちょっと焦ったのは言うまでもない。
そして、またまた券売機で「コロッケ蕎麦」を。

今日気づいたことは、この券売機は
“お金を入れないと売り切れかどうか判らない”のである。
「もう、最後までハラハラさせるな」

で、お金を投入すると。
ジャーン♪
無事コロッケ蕎麦のボタンが購入できるように点灯しました。

「美味しかった」

そして、遂に憧れの“コロッケ蕎麦”を食べることができました。
待たされた分美味しさは倍増。
「中太麺は実に存在感があっていい」

食べ終わって、すぐさま帰路に。
食後とは言え、往路と変わらない走りができました。
「ごっつあんです」