かまねぇ

この辺りの方言に「かまねぇ」という言葉がある。
もちろん自分も小さい頃から使っていたが、大人になるにつれ
「この言葉がとても嫌いになった」

この「かまねぇ」は「かまわない」という意味なのだが、この辺りの特に農家の親父たちは本当に“かまわない”のである。

鼻毛伸び放題…かまねぇ。
ジャケットなのに野球帽…かまねぇ。(ホテルでの懇親会でもその格好)
お出かけは白の軽トラ…かまねぇ。
音を立てて食べる…かまねぇ。
電車の中で大声でスケべな話…かまねぇ。
電車の中で香典いくら持ってきたか大声で聞いてくる…かまねぇ。

そんな地区だから、私が総代を仰せつかっている神社も荒廃している。
神主ずっといない…かまねぇ。
手水舎に柄杓もスノコもない…かまねぇ。
境内に公道が通っていてクルマが通る…かまねぇ。(こんな神社見たことない)

この「かまねぇ」
出来ることから直していきたい。