萩原健一/DONJUAN – atRun駄夢

Share & Tweet please

だからショーケン、やっぱりDONJUAN

Twitterでの投稿をみてまたまた自分の中の“ショーケン魂”に火がついてしまった。「DONJUAN」というアルバムに入っている「ローリング・オン・ザ・ロード」という曲なのだけれど。ショーケンの好きな曲ベスト3に入る曲で大好きなのだ。おまけにこのアルバムの全国ツアーで、宇都宮にも来てくれて、もちろん行ったのである。会場の宇都宮市文化会館は、ちょうどいい広さと、ちょうどいいステージの高さで、最高によくみることができた。

レコードの帯裏に印刷されたツアースケジュール

レコードの帯裏に印刷されたツアースケジュールを見たら、宇都宮公演は1980年7月29日だった。
「明日だ」(40年前の明日である)
とたんに、遠足前日の子どものような気持ちになった。

サファリハットをかぶって

同時高3だった俺は、ショーケンライブを見に行くのにふさわしい格好をいろいろ考えて、サファリハットというのか何ていうのかわからない渋いハットを買ってきて、精一杯ショーケンになり切って電車で宇都宮市文化会館に向かったのである。

アルバムの裏表紙がカッコいい

裏表紙のこのショーケンが一番好き

ショーケンの音楽活動で、この頃が一番好きでカッコ良かったと思っている。特に「DONJUAN」のアルバム裏表紙のこの写真が、衣装、背景、空気感共に、一番好きだ。アルバム表紙は、いまいち…。

これがアルバム表紙

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

shares