RecoveryRun – atRun駄夢

Share & Tweet please

「トレーニングプラン」をやっていると気づくことがある。それは
「リカバリーラン」が多いこと。今までの自分にはこの概念はなかったのかもしれない。何故ならばメリハリのない練習をしていたから。キツめのインターバルをやった翌日にはやはり「リカバリーラン」は必要だ。さらにこのゆっくりのランには「フォーム固め」の役割もあることが、よくわかってきた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

shares