飛び出せ!青春 – atRun駄夢

Share & Tweet please

今日の練習は12kmだった…。

「水戸黄門漫遊マラソン」前、最後の日曜日。
「ロングを走ろう!」と思っていましたが、12kmでした。長い距離をちっとも走ってなくて、大丈夫なんでしょうか?
「はい!多分大丈夫です」結果は来週の今頃わかります。

そんな感じなので、今日は嘉右衛門町でやっている「クラモノ」を覗いてみようと、少し回り道をしてみた。

古い街並みにおしゃれな若者が集う

嘉右衛門町に入ってからは「GARMIN」をストップして歩いていろいろのぞいてみた。お金は持ってないので、何も買えないのが失敗だった。でも、一番心に刺さったお店は「bandaiya」さんでした。個人的にお囃子とかマラソンやるので、バンダナは好きで、紺が好きなのでいいものが沢山あった。後でクラモノHPチェックしたらインスタのアカウントがわかったのでフォローしておきました。

北からひと通り「クラモノ」をのぞいて、再び走り出して来たところまで戻った。途中眼前に「ヤマサみそ」のネームが入った煙突が。

ヤマサみそには思い入れがある

小学生の頃、日テレで青春ドラマが数多く放映されていた。それらのドラマが何曜日か忘れた、もしかすると平日毎日かな?午後4時30分頃から放映されていた。それを楽しみに視ていた。ドラマが終わると最後に「プレゼントコーナー」があり、ハガキで応募すれば何かがもらえた。当然小学生だった私は、応募したことはないが、ある日画面に映った「送り先」に、目を疑った。

その送り先には「ヤマサみそ」
栃木県栃木市嘉右衛門町〇〇ー〇〇」とあったのだ。
「え〜!市内だ!」田舎者の私は驚いた。と、同時に「ヤマサみそ」を尊敬したものだった。
「すげえ、でかい会社なんだな」と。

ちなみに、一番旬に視た青春ドラマは「飛び出せ!青春」で、主題歌は「青い三角定規」で、先生は「村野武範」私が一番好きだったのは、ちょっと不良だけれど根は真面目な「片桐くん」でした。
「先生、そりゃねえよ!なあ、みんな!」のおきまりのパターンは忘れられません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

shares